株式会社オーガニックワンは農業マニュアル作成のコンサルティング会社です。 農業従業員の人材育成にお困りの方,農業マニュアルを使って効果的に人材を育てていきませんか?
私たちは農業技術に特化したマニュアル作成コンサルティングを行う会社です

スタッフ育成のために農業のマニュアル化に取り組んでみませんか?

なぜ、今、農業にマニュアルを取り入れる必要があるのでしょうか。

農業にマニュアル化が必要な理由は大きく3つあります。

 1.農業は見えにくい

 2.農業はわかりにくい

 3.農業は伝わりにくい


農業のマニュアル化は、これからの農業における人材育成の課題を解決する一つの手段です。
マニュアルを製本した場合のイメージ

1.農業は見えにくい


今まで農業技術は、ほとんどマニュアル化されてきませんでした。


なぜなら、農業技術は匠(たくみ)の技であり、農業技術をマニュアル化し、外部にオープンにすることは、むしろ避けられてきたからです。


しかし今、人手不足が加速し、現場の農作業スタッフの確保が困難になってきています。


農業現場では素早くスタッフを教育し、短期間で作業をマスターさせることが求められているのです。


ただ、残念ながら農業技術をどのようにスタッフに伝えたらよいかわからないという声をよく耳にします。


今、農業の現場では、農業技術を早急にマニュアル化し、見える化しなくてはならない現実に直面しています。

2.農業はわかりにくい

農業は、熟練者の暗黙知(あんもくち)にたよる所が多く、熟練者もわかりやすく農業技術を伝える方法を持ちあわせていないことが多いです。

また、本来、農業の作業には一つ一つ意味がありますが、現場では、忙しさゆえに「なぜその作業をするか」という説明部分が抜け落ちて、スタッフにひたすら単純作業を強いることが増えています。


その結果、現場のスタッフがやりがいを持てなくなり、仕事定着率が悪くなるという問題が起きています。


これから、農業現場に多様な人材(障がい者や高齢者。外国人技能実習生など)が入ってくることは確実で、農業をマニュアル化することでわかりやすく伝え、スタッフが働きやすい職場にしていくことが求められていきます。


 

3.農業は伝わりにくい


農業技術は、もともと口伝と体験により技術を伝承する方法が主流であり、技術の伝承に時間がかかります


加えて、実際の農業の作業は、様々な作業が同時並行的に行われ、その都度判断することが求められるため、指導する人はどうしても場当たり的な指導になりがちです。


体系的な伝承がしにくい農業技術をマニュアル化し、事前に学んだり、事後で見直したりすることができれば、スタッフ人材育成時間の短縮、作業効率の改善に確実に役立ちます


また、農業は高齢化が急激に進んでいるため、農業技術伝承が間に合わずどんどん失われて行っています。


これらの失われていく農業技術を守って伝承していくためにもマニュアル化が求められています